type="text/javascript">
  • トップページ
  • 院長紹介
  • 院内案内
  • アクセス
  • 診療の流れ

歯科用CT

目に見えない部分の正しい診断のために ~歯科用CT~

CTとはComputed Tomographyの略であり、コンピュータを駆使して患部の断層画像を得ることができる装置のことです。従来のレントゲンでは平面での画像しか得られませんでしたが、CTの普及によって立体画像が得られるようになり、高精度な診断が可能になりました。

医科で使われているCTは横たわって撮影を行うのに対し、歯科用CTは立った姿勢で撮影でき、コンパクトにつくられているのが特徴。また、被ばく線量は医科用の8分の1と、身体への負担が軽減しているというメリットがあります。

(歯科用CTはインプラント治療のほか、歯周病や親知らず、矯正治療などの診断に使用します。患者様に精密な治療をご提供するために、歯科用CTはもはや欠かせないものといえるでしょう)。

歯科用CTのメリット

当院では院内に歯科CTを設置しています。そのメリットは次のとおりです。

  • メリット1:ほかの医院に撮影に出向く必要がない
  • メリット2:院内で、診査・診断・治療がすべて行える
  • メリット3:経過観察がスムーズに行える
  • メリット4:外部委託とならないため、費用が抑えられる

インプラントと歯科用CT

インプラント治療において、インプラント治療が可能かどうかの判断を行ったり、埋め込む角度や深さなどを計画したりするために、歯ぐきの中にある顎の骨の状態を立体画像によってあらかじめくわしく把握しておく必要があります。

歯科用CTでは、インプラント治療に必要な顎の骨の立体的な形態はもちろん、神経の位置、また骨密度などを調べることができます。つまり、インプラント治療を確実に行うためには、歯科用CTは欠かせないのです。

当院では、歯科医院での導入がまだまだ少ない歯科用CTを院内に設置しておりますので、安心してインプラント治療をお受けいただけます。

当院のインプラント治療をご紹介します

ページトップへ戻る