type="text/javascript">
  • トップページ
  • 院長紹介
  • 院内案内
  • アクセス
  • 診療の流れ

患者様の負担を減らすための取り組み

患者様の立場に立った診療を

歯科治療にあたっては、精神的、肉体的ともに、さまざまなご負担が生まれてしまうもの。そこで当院では、患者様のご負担をできるかぎり軽減することを第一に考えて、治療にあたっています。こちらでは、そのための当院の取り組みについてご紹介します。

精神的、肉体的なご負担について

できるだけ削らない治療

かつて、虫歯にかかったら「削って治す」ことが当たり前とされてきました。しかし、削ってしまった歯は、もう二度と元に戻すことができず、また虫歯が再発しやすいリスクを背負ってしまうもの。当院では、自分の歯をできるだけ長く使い続けていただくために、できるだけ歯を削らない治療を選択しています。

虫歯でも、歯をできるだけ削らずに治す方法。 当院で行う「ドックスベストセメント治療」をご紹介します。

できるだけ痛くない治療

歯科治療における麻酔の痛みが得意な人はいません。当院では、麻酔時の痛みを軽減するために、次の2つの麻酔を併用しています。

麻酔の麻酔 ~表面麻酔~

麻酔の針が刺さるときの痛みをなくすために、あらかじめ歯ぐきの表面を麻痺させる麻酔を採用。麻酔薬を塗るだけなので、表面麻酔自体の痛みもありません。

電動麻酔器

電動麻酔器

麻酔の痛みは針が刺さるときだけでなく、薬液が注入されるときの圧迫感によっても招かれます。電動麻酔器なら薬液の注入速度を一定に保てるため、注入時の痛みを軽減することが可能です。

歯を残す治療 ~根管治療~

重度の虫歯

従来、虫歯が重度にまで進行すると、その歯は抜かなくてはなりませんでした。しかし近年では、虫歯菌に冒されてしまった歯の神経を取り除く「根管(こんかん)治療」を行うことで、歯を残すことができるようになりました。

歯は1本でも失うと、歯並びや噛み合わせを乱すなど、お口全体に悪影響を与えてしまうことがあります。当院では、根管治療によってできるだけ歯を残す治療を積極的に行っています。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、自分が受けた診断や治療法などについて、主治医以外の医師に意見を求めることをいいます。

歯科かにかぎらず治療にはさまざまな方法があり、医師によって見解や方針は異なるもの。セカンドオピニオンを受けることで、自分に合った、また納得できる治療法を選択できるのです。

当院では、他医院で診断を受けられた、または治療中であるという方のセカンドオピニオンに対応しています。また、当院で診断を受けられたうえで、他院でセカンドオピニオンを受けてみたい、という方のご相談にも応じています。治療には「患者様の納得」が欠かせないもの。セカンドオピニオンについては、どうぞお気軽にご相談ください。

経済的なご負担について

医療費控除

高額な治療費を支払った場合には、医療費控除を受けることができます。医療費控除とは、1家族が1年間に支払った医療費(医薬品の購入費も含む)が一定額を超えた場合に受けられる所得控除のこと。申請には医療費の領収書、医薬品購入のレシートなどが必要になりますので、それらの書類は大切に保管しておきましょう。



【医療費控除の計算方法】
1年に支払った医療費-保険などで補てんされる金額=A
A-(10万円または、所得金額の5%の少ない額)=医療費控除額(最高200万円)

この場合、10万円を超えた額がすべて還付されるわけではありません。これにご自分の所得税率を掛けた上に、さらに定率減税分0.8を掛け、最終的な還付金額が算出されます。

医療費控除についてくわしくは、当院もしくはお近くの税務署にお問い合わせください。

では、実際の診療の流れをご紹介します。

ページトップへ戻る