type="text/javascript">
  • トップページ
  • 院長紹介
  • 院内案内
  • アクセス
  • 診療の流れ

自分に合った入れ歯がほしい(入れ歯治療)

身近な入れ歯で、お口の機能を回復しましょう

虫歯や歯周病、また思いがけない事故などによって、人は歯を失ってしまうことがあります。そんなとき、たくさんある歯の1本くらいなくても……と放置されてしまう方がいらっしゃいます。しかし歯を失うということは、その歯1本だけの問題では済まされないことなのです。

歯を失ってしまったらすぐに補いましょう

歯を失ってそのままにしておくと、次のような問題が生じてしまいます。

  • できたスペースにとなりの歯が移動してこようとし、歯並びが乱れてしまう
  • 噛み合う歯が伸びてこようとし、噛み合わせが乱れてしまう
  • 歯並び・噛み合わせが乱れると、虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 噛むバランスが崩れ、顎関節症や肩こり、また全身にゆがみを招いてしまう

このように、たった1本の歯を失うことで、お口だけでなく全身にまでさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、歯を失ったら放置せずできるだけ早く適切な治療を受け、歯を失った部分を補うことが大切なのです。

失った歯を補う治療には、入れ歯やブリッジ、インプラントがありますが、なかでも古くからあり、多くの方にもっとも親しまれているといえるのが入れ歯です。当院では、患者様一人ひとりのお口の状態やご要望に合わせた、快適な入れ歯をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用されるものと、自費になるものがあります。その違いを比較してみましょう。

  保険入れ歯 自費入れ歯
費用 保険が適用されるため、自己負担額(通常3割)のみ。 全額自己負担。
素材 総入れ歯の床はレジンにかぎられる。 金属の床やシリコンなど、選択肢がたくさんある。
様式 保険適用内のものにかぎられる。 バネのない部分入れ歯など、さまざまな選択肢がある。
見た目
噛み心地
装着感
美しさや快適さを追求できず、比較的劣る。 美しさや快適さ、また食事の温度の伝わりやすさなどを追求できる。

取り扱い入れ歯紹介

金属床義歯(自費)

金属床義歯とは、床を金属でつくったものをいいます。
金属は、その性質から薄く、しかも歯肉のでこぼこにピッタリ適合するようにつくることができるので、口の中での違和感があまりない安定した良い義歯をつくることができます。また、熱をよく伝え、味覚をあまり損ねません。

メリット
  • ほとんどのケースで使用可能
  • 薄くつくれるため、装着時に違和感が少なく、会話しやすい
  • 金属は熱伝導性に優れているので、食事が楽しめる
  • 汚れが付きにくいので清潔さを保てる
デメリット
  • 保険適用外のため高額
  • 外れたり落ちたりすることがある
  • 使用する素材によって金属アレルギーの原因となることがある
  • 修理が困難
ノンクラスプデンチャー(自費)

金具の留め具がない部分入れ歯です。そのため口を開けても見えず、歯ぐきの色調と同化するため非常に審美性に優れています。 また、見た目を気にしつつ、ブリッジのように健康な歯を削りたくない方やインプラントによる修復に抵抗がある方にも向いています。

メリット
  • 金具が見えないので審美性に優れている
  • 使用する素材によって弾力性に富み、薄くできる
  • 軽量に仕上げることが可能
  • 違和感が少ない
デメリット
  • どんなケースでも作製できるわけではない
  • 傷が付きやすい
  • 使用する素材によって修理困難、または不可
  • 使用期間3年が目安のため新規作製が必要
マグネットデンチャー(自費)

残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬い物でもしっかり噛めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。

※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。

メリット
  • バネがないため、自然な仕上がりになる
  • 残っている歯に負担をかけない
  • 脱着が簡単で、お手入れも楽
  • 人工歯は強力な磁力で固定されているが、横からだと簡単に外れるため、歯根にやさしい
デメリット
  • 神経のない歯でなければ適用不可
  • ペースメーカーを使用しているケースでは適用不可なこともある
  • 歯が数本残っていないと適用できない
  • 磁力を使った断層撮影装置(MRIなど)での検査の際、外す必要がある場合もある

自分の歯のように噛めるようになりたい・・・
インプラント治療のご案内

ページトップへ戻る